ボニック 中古

メガシェイプとボニックの違い

メガシェイプもボニックも家庭で気軽にできる、引締め用美容機器です。
メガシェイプは立体の回転ローラーによりぜい肉をもみほぐすことができます。細かい動きがエステで行われるハンドケアと似ており、ふとももやおなか、二の腕、ふくらはぎと脂肪がつきにくい部分に5分程度あてるだけで、次第に引き締まっていきます。1分間に4万9千回ほど刺激するので、パワーがあります。また、防水仕様でコードレスのためお風呂で使用することができ、充電残量などはLEDでわかりやすく表示されています。

 

一方ボニックはEMSと超音波によって振動させ筋肉に刺激します。大変小さいですが、扱いやすい円形をしています。ボニックも超音波振動であれば、1秒間に100万回、EMSならば1分間に1800回動かすことができます。1日5分程度の使用で専用ジェルを使用するとさらに引き締め効果があります。ボニックも防水仕様で、コードレスです。
メガシェイプとボニックの違いはローラーでぜい肉を動かすか、EMSと超音波で筋肉を刺激するか、という点があげられます。動かしているという実感を得ることができるのはメガシェイプの方で、筋肉を動かしていると思えるのはボニックの方です。

 

どちらもコンパクトで扱いやすく、何かをしながら行えるのが魅力です。1日5分でも効果は現れますが、さらに実感したい場合は10分ほどあてると良いでしょう。ボニックもメガシェイプも継続しないと効果を実感することは難しいです。